スポンサーサイト

-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

FXトレードルール ver.1.0

11 09, 2009

全通貨ペア共通
 複数の通貨ペア同時保有禁止


ドル円ユーロドル
 1エントリーあたり
 絶対損切 15pips
 絶対利食 60pips

ユーロ円ポンドドル
 1エントリーあたり
 絶対損切 25pips
 絶対利食 100pips

ポンド円
 1エントリーあたり
 絶対損切 35pips
 絶対利食 150pips

スポンサーサイト

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

FX 投資哲学とルール ver1.1

07 20, 2009

より良いチャンスは、今より未来にあると考えること。
常に動いている為替相場において、機会損失はあり得ない。
むしろ、たゆまぬ努力によって投資スキルが向上した未来のほうが、チャンスをモノにできる可能性が高い。

ノーポジションを損失と思わないこと。
ノーポジション時、目の前の値動きを見て「チャンスを逃す」「チャンスを逃した」と思うのは大きな間違い。
口座残高を見てみることだ。資金は減っていない。

常に、フラットな視点で相場に臨むこと。
自身の戦略、ポジションに都合良く相場を解釈しないこと。

常に情報収集を怠らないこと。
しかし、情報を鵜呑みにした売買は禁止する。

情報収集は、相場に新たな視点を注ぐためのものである。

常に最良の通貨ペアを選ぶこと。

「利益額の平均:損失額の平均」この比率(ペイオフレシオ)を常に意識すること。

少なくとも、5回に1回は損失を出す(ロスカットを経験する)こと。

売買1回あたりの最大損失額は、運用資金の10%以下に抑えること。

時間足のトレンドに反するポジションを持たないこと。

含み損のポジションは持ち越さないこと。

ストップ無きポジションを持たないこと。

根拠無き売買をしないこと。

指値によるエントリーをしないこと。


web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ギャンの価値ある28のルール

07 16, 2009

外為(FX)初心者のための
外国為替取引入門 より
http://www.forex-traders.net/gann.html

ギャンの価値ある28のルール
W. D. Gann's "Twenty-eight Valuable Rules"
ウィリアム D. ギャン (1878-1955) テキサスの綿花農家に生まれ、24歳で相場(商品・株式)の世界に入りました。そのテクニカル分析の理論はギャン理論と呼ばれます。ギャンは聖書に学んだ投資哲学から生み出した厳格なルールに従って取引を続けました。ギャンは商品相場を得意としたため、為替にはそのまま適用できないものもありますが、そのルールを日本語の意訳とギャンの原文で紹介します。

第1条 資金管理と損失限度
資金管理は基本中の基本。ギャンは10分の1をルールとしました。

資金配分を厳密にすること。売買に用いる総資金を10等分し、1回の売買における損失限度は総資金の10分の1にすること。
Amount of capital to use: Divide your capital into 10 equal parts and never risk more that one-tenth of your capital on any one trade.


第2条 ストップロスは必須
ストップロスも基本中の基本。損失限度内にストップを必ずおきます。(原文の数値は当時の商品相場におけるものです。)

ストップロスを必ずおくこと。損失限度を計算した上、ポジションを持つと同時に行うこと。
Use stop loss orders. Always protect a trade when you make it with a stop loss order 1 to 3 cents, never more than 5 cents away, cotton 20 to 40, never more than 60 points away.


第3条 オーバーポジション厳禁
第1条に通じますが、過剰なポジションは大ケガのもとです。

過剰な売買を決してしないこと。資金配分に従ったポジション量を厳守すること。
Never overtrade. This would be violating your capital rules.


第4条 トレーリングストップ
ストップロスを利食いできる点にまで近付けます。(原文の数値は当時の商品相場におけるものです。)

利益を確保した後は損失とならないように、ストップロスを変更すること。
Never let a profit run into a loss. After you once have a profit of three cents or more, raise your stop loss order so that you will have no loss of capital. For cotton when the profits are 60 points or more, place stop where there will be no loss.


第5条 トレンドフォロー
逆張りは禁物です。

トレンドに逆らわないこと。トレンドに確信が持てないときは売買しないこと。
Do not buck the trend. Never buy or sell if you are not sure of the trend according to your charts and rules.


第6条 迷いは禁物
迷ってポジションを持ったり、持ち続けたりするとたいていは損が大きくなるようです。

迷った時は手仕舞うこと。迷った時はポジションを持たないこと。
When in doubt, get out and don't get in when in doubt.


第7条 流動性とボラティリティ
為替の場合、マイナー通貨に手を出さないようにしましょう。

活発に売買され、値動きのある市場で売買を行うこと。
Trade only in active markets. Keep out of slow, dead ones.


第8条 リスク分散
為替の場合は、メジャー通貨なら単一の通貨ペアに集中してもかまわないでしょう。ただ、取引業者を分散させ、倒産リスクを軽減した方がいいと思われます。

リスクを分散し、資金の集中を避けること。
Equal distribution of risk. Trade in 2 or 3 different commodities if possible. Avoid tying up all your capital in any one commodity.


第9条 指値注文の禁止
ギャンは指値で利益確定することを嫌っていました。個人投資家の場合はなかなか難しいですが・・・。

指値をしてはならない。売買の価格を決めず、成り行きで売買すること。
Never limit your orders or fix a buying or selling price. Trade at the market.


第10条 手仕舞いルール
利益を伸ばすためにも、損失を小さくするためにも、自分で確立したルールに従って手仕舞いしましょう。

確固たる理由なしに手仕舞いしないこと。
Don't close your trades without a good reason. Follow up with a stop loss order to protect your profits.


第11条 余剰資金
利益を売買資金に注ぎ込んで取引を増やさないように。

実現利益は別勘定として保有すること。
Accumulate a surplus. After you have made a series of successful trades, put some money into a surplus account to be used only in emergency or in times of panic.


第12条 小利益売買の禁止
為替の場合は、スワップ狙いや小さい利幅でのレンジ取引は好ましくないと思われます。

わずかな利益狙いの売買(スキャルピング)をしないこと。
Never buy or sell just to get a scalping profit.


第13条 難平禁止
トレンドに逆らう行為は損失を拡大させます。

難平(ナンピン)は決してしてはならない。これはトレーダーがするかも知れない最悪の失敗の1つである。
Never average a loss. This is one of the worst mistakes a trader can make.


第14条 待つことの重要性
「相場は明日もある」という言葉に通じます。

我慢できずに手仕舞いしたり、待ちきれずにポジションを持たないこと。
Never get out of the market just because you have lost patience or get into the market because you are anxious from waiting.


第15条 利小損大の禁止
利が乗った時は大きく伸ばし、損が出た時は小さいうちに切りましょう。

小さな儲けと大きな損は避けること。
Avoid taking small profits and big losses.


第16条 ストップロスキャンセルの禁止
第2条とほとんど同じですが、重要なことです。

ストップロスは決してキャンセルしてはならない。
Never cancel a stop loss order after you have placed it at the time you make a trade.


第17条 頻繁売買の禁止
頻繁に売買を繰り返しても、手数料やスプレッドで損をするばかりです。また、ミスも多くなります。

過剰に頻繁な売買は避けること。
Avoid getting in and out of the market too often.


第18条 ショート(売り)の活用
為替の場合は、売りも買いもどちらも儲けるチャンスがあります。

ロング(買い)だけではなくショート(売り)も活用すること。
Be just a willing to sell short as you are to buy. Let your object be to keep with the trend and make money.


第19条 値頃感の禁止
安値覚え、高値覚えは禁物です。「安くなったから、そろそろ買おう」ではなく、「安くなったから、もっと安くなるかも」と考えましょう。

決して値頃感で売買してはならない。
Never buy just because the price of a commodity is low or sell short just because the price is high.


第20条 ピラミッディングのタイミング
早過ぎると、トレンドができていないので、はねかえされてしまうこともあります。

ピラミッディング(買い増し、売り増し)のタイミングに注意すること。レジスタンス・サポートをブレークしてから買い増し、売り増しをすること。
Be careful about pyramiding at the wrong time. Wait until the commodity is very active and has crossed Resistance Levels before buying more and until it has broken out of the zone of distribution before selling more.


第21条 ピラミッディングの選択
商品や株の場合、銘柄によって上昇トレンドの強いもの、下降トレンドの強いものがあります。

買い増しするときは強い上昇トレンドを示すもの、売り増しするときは強い下降トレンドを示すものを選ぶこと。
Select the commodities that show strong uptrend to pyramid on the buying side and the ones that show definite downtrend to sell short.


第22条 ヘッジの禁止
為替の場合も両建ては禁物です。

同業種他銘柄、あるいは他限月の反対売買等のヘッジ行為はしてはならない。
Never hedge. If you are long of one commodity and it starts to go down, do not sell another commodity short to hedge it. Get out at the market: take your loss and wait for another opportunity.


第23条 理由とルールに基づいた売買
ルールに従うことが重要です。

明確な理由なしにポジションを変えないこと。明確な理由のもと、明確なルールに従って売買を行うこと。
Never change your position in the market without a good reason. When you make a trade, let it be for some good reason, or according to some definite rule; then do not get out without a definite indication of a change in trend.


第24条 利益確保後の売買の禁止
利食いした後、ズルズルと売買を続けると損失につながります。

十分な利益を確保した後は、意味のない頻繁な売買を行わないこと。
Avoid increasing your trading after a long period of success or a period of profitable trades.


第25条 天底に関する憶測の禁止
もうはまだなり、まだはもうなり。

相場の天底に関して勝手な憶測を行わないこと。
Don't guess when the market is top. Let the market prove it is top. Don't guess when the market is bottom. Let the market prove it is bottom. By following definite rules, you can do this.


第26条 不確かな助言による
売買の禁止
市場のうわさ話とか、掲示板の話とかは無視しましょう。

自分より優れた人の場合を除き、他人の助言に基づいた売買は行わないこと。
Do not follow another man's advice unless you know that he knows more than you do.


第27条 損切り後の資金量縮小
負けたら、次は小さく勝負することです。大きく勝負して負け続けると、あっという間に全資金を使い切ってしまいます。

損切りを行ったら、取引量を減らすこと。決して増やしてはならない。
Reduce trading after first loss: never increase.


第28条 不適切なポジションメークと手仕舞いの禁止
ポジションを建てる時も手仕舞いする時も、ルールに従うことが重要です。間違った取引はたとえ一時的に利益を上げられても間違っているのですから、次に同じ事をすると、損をすることになります。

不適切なポジションメークと手仕舞いを避けること。
Avoid getting in wrong and out wrong: getting right and out wrong: this is making double mistakes.


web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめのFX業者
最近の記事
カテゴリー
おすすめのトレード本
読み物としておもしろいからおすすめするのであって、トレードの役に立つとか、勝てるようになるとか、そういう本じゃありません。(そんな本があったらぜひ教えてください。)
MT4(MetaTrader4)お薦めのインジケーター
チャートの見方
人気記事ランキング
最新の株価



プロフィール

apple-logo-3d1.jpg
地方公務員です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。