スポンサーサイト

-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

今週の外国為替市場:ユーロやや反発も、短期に終わる可能性

03 09, 2009

2009年03月09日 12:48

DJ-今週の外国為替市場:ユーロやや反発も、短期に終わる可能性

ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)今週の外国為替市場では、ユーロがドルに対してやや反発するものの、中期的には弱含むことが予想されている。

注目の高かった米2月の雇用統計は、6日の発表前は市場心理を冷え込ませていたが、実際の数字は最悪のシナリオほど悪くはなかった。そのため、リスク志向の回復を追い風に、ユーロが直近の安値圏から上昇する余地がやや生まれるかもしれない。

為替ストラテジストらは、ユーロが今週、1.2500ドル~1.2800ドルの値幅で推移すると予想している。

ドルは2月初めから円に対し大幅に上昇していたが、円も同様に小幅ながら調整高となる可能性がある。しかし、2008年11月4日以来の安値である1ドル=100円00銭を割り込むのは時間の問題だとアナリストらはみている。

最近の為替市場の主な材料となっていた株価動向や世界的なレバレッジ(借り入れ資金による投機)解消、主要各国の金融政策などはすでにその意義を失い、為替トレーダーらは新たな手掛かりを模索している。

新たな材料として浮上しているのが、各国の経済成長だ。金融危機から早く回復できると考えられる国の通貨が上昇するだろう。

「今週は、先週に比べて静かな取引となるだろう。注目材料は12日発表の米2月の小売売上高と13日発表の米1月の貿易収支だ」とバンク・オブ・ニューヨーク・メロンのシニア為替ストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏は述べた。

経済指標は引き続き世界的な景気低迷を示しているため、トレーダーらは景気回復時期を見極めるのは難しいと感じている。多くのトレーダーらの結論は、米連邦準備制度理事会(FRB)と米財務省が欧州中央銀行(ECB)より積極的な措置をとったことや、ユーロ圏が東欧の影響を受けやすいことから、ドルが最も上昇する可能性が高いというものだ。

しかしそれまでは、日中の取引は多くが不安定で、市場に明確な方向性が出ることはないだろう。

2月1日以降、ユーロは0.06ドルの値幅で取引されている。これに対し1月は0.13ドル下落し、昨年12月は1.2549ドル~1.4720ドルの値幅で推移した。

「通貨をそれぞれ区別するような材料はほとんどない」とクレディ・スイスの為替ヘッド、レイ・ファリス氏は述べた。

主要各国の中央銀行は実質的にほぼ同じ金融政策をとっている。ECBと英中銀イングランド銀行(BOE)はどちらも5日に政策金利を0.50%引き下げ、それぞれ1.50%と0.50%に決定した。米FRBもフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標をゼロ~0.25%に設定している。

BOEとFRBはどちらも、マネーサプライを増加させる、いわゆる量的緩和政策の実施を発表している。一方、ECBのトリシェ総裁は6日、ECBが非標準的な政策手段を検討している、と述べた。

さらに、為替市場の株式市場との強い相関関係は、少なくとも今のところ薄れている。株式市場はここ数週間で大きな値動きを見せたが、ユーロは狭い値幅での取引を維持している。ユーロは、安全通貨のドルよりもリスクの高い資産として、日中の値動きでわずかに上伸しただけだった。

為替市場と株式市場の相関関係の低さが、レバレッジ解消の行き詰まりを示している。ドルは2008年下期、外国金融機関が世界的な景気後退(リセッション)懸念から価格の下落していたリスク資産と株式を売り、ドル買いを強いられたため、たった3カ月ほどでユーロに対し0.40ドルも急伸した。

ファリス氏は「株式は資産価値を反映し、株安は一段と多くのレバレッジ解消を生み出すため、金融株と外国為替の強い相関関係が見られていた」と指摘した。

しかし、現在の為替市場は当時よりも狭い値幅で取引されている。

「銀行は少なくとも今のところは、こうした持ち高を大幅に解消し、必要な通貨をすべて手当てしたようだ」と指摘した。

これでトレーダーらは、次の材料を待つことになりそうだ。
-0-

Copyright (c) 2009 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.
スポンサーサイト

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

昨日のトレードと今日のFX戦略

01 08, 2009

■昨日のトレード
EURUSD S 0.1 1.3506 → Stop1.36
EURUSD S 0.1 1.3712 → 1.3564成行決済(本日早朝)
USDJPY S 0.1 92.81 Limit91.80

昨晩は怒濤のユーロ買い戻しでストップ。
1.375までの上昇をやり過ごした後に再度売り参戦し、そのまま就寝。(午前3時・・・)
今朝起きてみるとユーロが急落していたものの、
米ADP雇用者数があまりにひどい数字だった(ドル売り)ことと、
原油が急激に下落していて調整買い戻しリスクもあったので、成行で買い戻し。
そのまま出社しようかと思ったものの、ドル円が調整気味に買い戻されているのをみて成行でショート。


■今日の戦略
ドル円は、上は93.20付近、下は92.30付近が抵抗。
昨日のADP雇用者数はひどい数字でしたが、
米雇用統計を明日に控えているので今日はこのレンジ内で推移しそうな気配。
今日、オバマ氏が景気対策を発表するようですが、
日経は米株に追随して軟調気味、
今夜の米株も連騰の後なだけに流石に昨晩の下げを取り戻すのは難しそう。
それだけ上げる材料も無いしね。
仮に93円台を回復しても、先日の高値94.50を超えるのは難しいでしょう。
よって、93.20を上抜けた場合、93.40-50付近で売り増し予定。
ターゲットは92円割れ。

週末にかけては、
A. 一旦93円台回復するもジリ安で雇用統計後92円割れ。そのまま安値圏で引け。
B. このままジリ安で92.30のストップを付け下げ加速。91円Midで下げ止まった後、91円Mid-93円のレンジ内で引け。
大方こんなイメージ。

EURUSDは再度ショート目論見。
1.360-1.365あたりで売り場模索中。


■今日の主な指標・イベント
1月8日(木)
09:30 オーストラリア 11月貿易収支
09:30 オーストラリア 11月住宅建設許可件数
14:30 オーストラリア 12月外貨準備高
15:45 スイス 12月失業率
15:45 スイス 12月消費者物価指数
16:00 ドイツ 11月貿易収支
16:00 ドイツ 11月経常収支
19:00 ユーロ圏 11月ユーロ圏失業率
19:00 ユーロ圏 ユーロ圏GDP
19:00 ユーロ圏 12月業況判断指数
19:00 ユーロ圏 12月ユーロ圏消費者信頼感
20:00 南アフリカ 11月製造業生産
20:00 ドイツ 11月製造業受注
21:00 英国 BOE金利発表
22:30 米国 新規失業保険申請件数
24:00 カナダ 12月Ivey購買部協会指数
29:00 米国 11月消費者信用残高


■現在のポジション
USDJPY S 0.1 92.81 Limit91.80



■現在の指し値
USDJPY S 0.1 93.45 Limit91.80



web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

昨日のトレードと今日のFX戦略

01 07, 2009

■昨日のトレード
なし


■今日の戦略
急落していたユーロが若干戻してますが、あくまで調整反発との見方が大勢。
今日の戻しも1.35超えたあたりから勢いが弱まっているように見える。
現在はユーロ売り持ちなので、1.36越えにストップを置いて様子見。
1.33割れを狙う予定。

オバマ期待で94.50まで堅調に上げてきたドル円ですが、
今週末の雇用統計も控える中、こちらもそろそろ失速気味?
再度下値(87円)トライを視野に入れて94~96円で売っておきたいところですが、
昨日高値(90.50)を超えられず、このまま93-94円で揉み合って下抜けていくようなら素直に追随予定。
まぁ、これまでレジスタンスになっていた91円を割れるのは来週~再来週以降かな。



■今日の主な指標・イベント
1月7日(水)
06:45 ニュージーランド 11月貿易収支
09:01 英国 12月ネーションワイド消費者信頼感
09:30 オーストラリア 11月小売売上高動向
16:00 ドイツ 12月卸売物価指数
17:55 ドイツ 12月失業者数
17:55 ドイツ 12月失業率
19:00 ユーロ圏 11月ユーロ圏生産者物価指数
21:00 米国 MBA住宅ローン申請指数
21:30 米国 12月チャレンジャー人員削減数
22:15 米国 12月ADP雇用統計


■現在のポジション
EURUSD S 0.1 1.3506 Stop1.36越え Limit 1.33割れ



■現在の指し値
なし



web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめのFX業者
最近の記事
カテゴリー
おすすめのトレード本
読み物としておもしろいからおすすめするのであって、トレードの役に立つとか、勝てるようになるとか、そういう本じゃありません。(そんな本があったらぜひ教えてください。)
MT4(MetaTrader4)お薦めのインジケーター
チャートの見方
人気記事ランキング
最新の株価



プロフィール

apple-logo-3d1.jpg
地方公務員です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。