スポンサーサイト

-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

為替(FX) 金曜の動きと週明けの戦略

05 24, 2008

NY時間は、ドル反落。米国の3連休を前に、昨日ドルが買い戻されていた反動からドル売りが優勢となった。
米4月中古住宅販売件数が市場予想をわずかながら上回ったものの、NY株式の大幅下落に合わせて下値を拡大、一時103.18円まで下落した。

ダウ平均:12479.63▲145.99、NASDAQ:2444.67▲19.91、S&P500種:1375.93▲18.42
ピクチャ 420



104.20で売っていたドル円は、
途中で103.20にリミットを変更して決済。

かわりに、過去最高値付近で揉み合っている豪ドルを0.9600で打診売り。
トレンドは上向きだが、ここ数日は0.96前後で揉み合っており、
一旦調整反落に入りそうな気配。
原油価格の高騰や再び高まりつつあるキャリートレード嗜好など、
豪ドルをサポートする材料は豊富に揃っているため、下値も限定的か。
0.9650にも指値を設置したが
いずれも0.9700にストップを置いて
0.9500割れあたりを狙いたい。


週明け、日経平均も反落してはじまるのは確実で、
それに連れてドル円も下値を探る展開が予想される。
NY・英国が休場ということもあり、市場参加者は少なくなるが、
そういう時こそ大きく動く可能性もあるので注意。


ドル円の下値は102.60-102.90がポイント。
102.90付近は4月前半から半ばにかけて何度も上値を抑えられて、
4月後半にやっと越えてきた重要な水準。
ここを割り込んで戻せないようだと、
円高への動きが加速する可能性大。
その場合、レンジが2円程度したに動く展開か。

週明け103円台で底堅く推移するようならレンジ継続も考えられるので、
103円Lowで買い、104Low付近で決済を狙う。


このところのレンジは102.50-105.50だが、
ドルのトレンドは短期~長期まで下向きなので、
当面は104円MID以上の戻りを売る戦略が低リスクか。



■現在のポジション
AUDUSD S 0.1 0.9600 rimit0.9500 stop0.9700


■現在の指値
AUDUSD S 0.1 0.9650 rimit0.9500 stop0.9700
USDJPY S 0.1 104.30 rimit103.00 stop104.70
EURUSD B 0.1 1.5580 rimit1.5900

スポンサーサイト

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

おすすめのFX業者 FXOnline Japan  エフエックス・オンライン・ジャパン

05 24, 2008

FX Online Japan
エフエックス・オンライン・ジャパン


最近はここしか使ってません。
理由は、

◎低スプレッドで安定
◎トレードツールが使いやすい
◎携帯のトレードツールも最高に使いやすい(iアプリ)
 ※普段はこっちでのトレードがメイン

外為オンラインとかも口座は開設してますが、
スプレッド幅がイマイチ安定してなかったり、
携帯のトレード用アプリがないところが大半で、
結局、FX Online Japan に落ち着いてました。

来週からさらにスプレッド幅が縮小するようなので、嬉しい限りです。
業者選びで迷ってる方は参考に。



FXOnlineでは、5月27日午後7時より下記通貨ペアのスプレッドの変更を実施いたします。

┌─対象通貨ペアおよびスプレッド─┐

    ◎ USDJPY 3 ->>> 2
    ◎ EURJPY 5 ->>> 3
    ◎ GBPJPY 9 ->>> 7
    ◎ NZDJPY 8 ->>> 6
    ◎ AUDJPY 8 ->>> 5
    ◎ EURUSD 3 ->>> 2
    ◎ ZARJPY 8 ->>> 5
└────────────────────┘

当社では業界の動向に合わせた新スプレッド幅を導入するとともに、FXOnlineならではの安定したトレーディング環境を活かし、可能な限り上記スプレッドを恒常的に維持したいと考えております。



web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

為替(FX) マーケット情報

05 24, 2008

2008年05月24日 12:00
FXWave - 週間アウトルック(為替:5月23-30日)①  

ドル円は引き続きレンジ相場
米英休場前の一時的な買い戻しか


 足もとで原油先物価格は135ドル台まで史上最高値を更新してきた。こうした背景に米系HF勢による債券への質への逃避的なポジションの解消、原油・商品市場へ資金投入とアジア株投資からブラジル株など別の新興国史上への資金移動がある。この原油高の影響がインフレ懸念や景気後退懸念などに波及。今後、インフレ懸念より景気懸念のほうが優勢となった場合、ドル売りに傾きやすく、102.50円-105.50円のレンジ相場は下抜けを探る可能性もありそうだ。(国際金融情報部・荻野金男)




2008年05月24日 12:15
FXWave - 週間アウトルック(為替:5月23-30日)②  

ドル円:まだレンジは継続
【5月23-30日予想レンジ】102.50-105.50円
【5月19-23日予想レンジ】103.00-106.00円
【5月19-23日実績レンジ】102.73-105.10円


 ドル円を見る上で気になる株価動向だが、米株は概ね横ばいで反発基調に転じ始めたかどうかの判断はし難い。このためドル円の上値は依然として重くなっている。その一方で本日発表の米中古住宅販売件数は市場では更なる減少を予想しているものの、予想を大幅に下回らないと明確なドル売りにもなりそうにない。

 来週の米経済指標は重要指標が目白押し。軽く挙げるだけでも米耐久財受注、米住宅価格、米消費者物価信頼感、米新築住宅販売などが並ぶ。またこれらの指標は悪化する恐れがありと見ている。本邦経済指標は4月鉱工業生産と本邦CPIが主な指標として注目。欧米同様、原油・商品価格上昇の影響を受けて日銀の物価判断も上方修正されているが、これらの指標でのドル円への影響は限定と見る。

 テクニカル的には今週のドル円の安値102.73円がネックラインの102.57円を割り込まず104円台を回復、ダブルトップ形成に失敗となった。上値のメドは依然として、114.66円→95.77円までの下落幅の半値戻し105.21円が目先のメド。このポイントを超えると105.70円を試す展開と見る。下値は一目均衡表の雲の上限が102.20円に位置し、強いサポートとなっている。また95.77円→105.70円の上げ幅の38.2%戻しが101.90円にあり、当面101.90―102.20円ゾーンは強力な支持線と見る。102.50円―105.50円のレンジ相場はまだ続きそうだ。




2008年05月24日 12:30
FXWave - 週間アウトルック(為替:5月23-30日)③  

ユーロドル:リスクは史上最高値更新方向
【5月23-30日予想レンジ】1.5500-1.5900ドル
【5月19-23日予想レンジ】1.5300-1.5600ドル
【5月19-23日実績レンジ】1.5437-1.5814ドル


 ユーログループ議長のユンケル・ルクセンブルク首相兼財務相は22日、ユーロは向こう数ヶ月間に対ドルで大幅に下落する可能性は低いとの見通しを示した。ユーロは対ドルで史上最高値1.6020ドルを付けてから急激な売りにみまわれてきたものの、今週発表された独Ifo景気指数は予想外の改善で 1.58ドル台まで上昇した。

 これらの指標から判断すると、ユーロ圏景気は市場で懸念されているほど減速の程度は緩やかなのではないか。経済指標の強弱はあるものの、来月5日開催されるECB理事会での景気見通しが予想に対して意外と堅調で、逆にインフレ懸念が高まった場合にはユーロドルは底堅く推移する可能性が高いだろう。ユーロはドル軟調を受けて上昇しやすいなか、来週発表されるドイツやユーロ圏消費者物価指数次第では再度1.60ドル台を試す可能性もある。

 テクニカル的にユーロドルは一目均衡表の雲の上限1.5730-50ドルゾーンのレジスタンスを突破してきた。ただ1.6020ドル→1.5285ドルの下落幅の76.4%戻し1.5847ドルが直近では強いレジスタンスとなりそうだ。ここを超えると再度1.60ドルを試す展開。下値のメドは23.6%戻しの1.5458ドル近辺と見る。


web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

為替(FX) 今日の戦略

05 23, 2008

昨晩は、発表された米新規失業保険申請件数や
米第1四半期住宅価格指数が市場予想より強く、
レンジ下抜けのトリガーになると思われていた102.60どころから
104円台までドル買い戻しの動き。

アジア系ソブリンが102.50-104.50のダブルノータッチOPを
持っているとの観測もあったようで、
今日の上値も104.26とそれを裏付けているようだ。

今日のTKY時間、
日経平均は14000を回復して引けたものの上値に重さが感じられ、
大引け後、ドル円も103.80付近まで小緩んでいる状況。

週明けは英国・NYが休場のため
今日はポジション調整が進むことも考えられる。

105.70を抜けられず下げに転じたドル円、
昨日102.60の下値支持水準を抜けられなかったものの、
再度同水準を試す可能性は高いと考える。
104円台でのショート構築で、
102円割れあたりを狙いたいが、今日の所は103円割れまでは難しいか。
再度102.60を試して割らなければ、成行で買い戻し予定。

再度最高値を目指す勢いのユーロドルも
今日の所は揉み合いorポジション調整に押されて下押しするか。
下押した場合、1.56台でのロング構築を狙いたいところ。



■現在のポジション
USDJPY S 0.1 104.20 rimit102.00 stop104.70


■現在の指値
USDJPY S 0.1 104.30 rimit102.00 stop104.70
EURUSD B 0.1 1.5650 rimit1.5900
EURUSD B 0.1 1.5580 rimit1.5900



web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おすすめのFX業者
最近の記事
カテゴリー
おすすめのトレード本
読み物としておもしろいからおすすめするのであって、トレードの役に立つとか、勝てるようになるとか、そういう本じゃありません。(そんな本があったらぜひ教えてください。)
MT4(MetaTrader4)お薦めのインジケーター
チャートの見方
人気記事ランキング
最新の株価



プロフィール

apple-logo-3d1.jpg
地方公務員です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。