スポンサーサイト

-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

為替 マーケット情報

10 01, 2007

■ユーロ、1.4200ドルが重要な下値支持水準に転じる
19:34(ダウ・ジョーンズ)ユーロは先週、1.4200ドルの上値抵抗水準をたやすく突破し、現在も1.4200ドル台を維持している。今後注目すべきテクニカルな上値抵抗水準は、1.4345ドル、1.4360ドルおよび1.4385ドルだとリーマン・ブラザーズのアナリストは言う。下値については、1.4200ドルがいまや重要な下値支持水準に転じており、上昇トレンドに支持水準がすぐ下の1.4185ドルにあると言う。ユーロが1.4145ドルを割り込んだ場合にかぎり、現在の強気見通しが危うくなるが、目先および短期的にはさらに上値を伸ばす公算が大きいとみている。ユーロは現在、1.4234ドル近辺で推移している。(GST/HM)
-0-





----------------------------------------------------------------
■ドル円はテクニカルなポイントを抜け、115.85円まで続伸
 ドル円、クロス円がじりじりと上昇。ユーロ円は一時164.95円まで本日高値を更新。この動きに連れるかたちでドル円も115.85円まで上値を伸ばしてきた。
 市場からは「ドル円に関して大きなフローは見えておらず、テクニカル的な売買が中心となっている。こうした中でドル円が一目均衡表の雲の下限(115.64円)を抜けたことから買いを入れている向きがあるのでは」(LDN証券筋)といった声も聞かれていた。
 19時53分現在、ドル円は115.78円で推移。(了)




----------------------------------------------------------------
■円安・ドル高進行、ユーロは新高値から反落
ロンドン(ダウ・ジョーンズ)ドルは、10月1日の欧州市場では円に対して強含みとなっているものの、他の通貨に対しては横ばいで推移している。一方、ユーロは、アジア市場でつけた1.4283ドルの新高値から反落している。


リスク志向の再燃により、低金利通貨を売って高金利通貨を買う動きが高まるなか、ドルは円に対して上伸している。


日本銀行が発表した9月の短観調査では、大企業製造業の業況判断DIが6月の調査と横ばいの23となった。ダウ・ジョーンズ経済通信が行ったエコノミスト調査では、21に低下すると予想されていた。
「この数字は、日本経済が過熱してもいなければ冷え込んでもいないことを示している。ほどよい加減の数字だ。日本銀行が少なくとも12月までは利上げを待つことができるということを示唆しており、市場には好まれるはずだ」とABNアムロのストラテジスト、グレゴリー・アンダーソン氏は述べ、オプション絡みでレンジ相場になるとの見通しは損なわれていないと指摘した。


欧州市場の取引では、オーストラリアドルも注目されている。オーストラリアドルは0.8900米ドルを18年半ぶりに突破し、次の上値抵抗水準は0.8950米ドルとみられている。オーストラリアドルは8月半ばの下げから、これまでに12.5%以上も上昇している。


「オーストラリアドルが米ドルと1982年以来のパリティ(等価)をつける可能性はあるのだろうか。米ドルがカナダドルに対してパリティを割り込み、ユーロがドルに対して連日高値を更新するなか、これはありえない質問とも思われない」とJPモルガンのストラテジスト、レベッカ・パターソン氏は指摘した。金相場が堅調で、米ドル相場が弱く、リスク志向が続いているため、オーストラリアドルはさらに上値を伸ばす可能性があるとみられている。


同様に、英ポンドも円に対して235円の上値抵抗水準を突破し、底堅く推移している。日本の為替証拠金取引の投資家からの利益確定の売りが上値を抑えるかもしれないが、大半の買い持ち高は解消されているので、「今後数日で大きく上値を伸ばすかもしれない」と三菱東京UFJ銀行のシニア通貨エコノミスト、デレク・ハルペニー氏は語った。リスク志向が今週も続くならば、英ポンド買い・円売りが抜きん出た成果を挙げる可能性があると指摘した。


日本時間午後8時18分現在、ドルは115円69銭、ユーロは1.4232ドル、および164円63銭、オーストラリアドルは0.8882米ドルおよび102円75銭、英ポンドは2.0413ドルおよび236円16銭近辺で取引されている。
-0-




----------------------------------------------------------------
■ドル円、輸出勢の為替予約が重石に
 ドル円は115.85円の本日高値を示現後は115.40円近辺まで下落。外銀筋によると「同水準では実需筋からの売りが見えていた」という。同水準は本邦輸出勢の為替予約が11月末の時点でちょうど115円になるレベルであるため、売りが入りやすい地合いにある。また、「これが12月末の時点だと116.20円にあたるため、この水準も売りのポイントとなるだろう」(同)とのこと。こうした売り観測は116円に観測される売りオーダーとともに上値の抑制要因となっているようだ。
 20時26分現在、ドル円は115.36円で推移。(了)


関連記事

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おすすめのFX業者
最近の記事
カテゴリー
おすすめのトレード本
読み物としておもしろいからおすすめするのであって、トレードの役に立つとか、勝てるようになるとか、そういう本じゃありません。(そんな本があったらぜひ教えてください。)
MT4(MetaTrader4)お薦めのインジケーター
チャートの見方
人気記事ランキング
最新の株価



プロフィール

apple-logo-3d1.jpg
地方公務員です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。