スポンサーサイト

-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

為替 マーケット情報

10 02, 2007

■世界的な株価上昇背景に、円安・ドル高の展開
22:03(ダウ・ジョーンズ)ドルが徐々に116円に迫っている。海外市場での世界的な株価上昇を受けて円キャリー取引への需要がやや回復し、ここまでに115円95銭まで日中高値を伸ばしている。ただし、ユーロは依然として円に対して軟調だ。8月に金融市場が混乱する以前のように、円キャリー取引が盛り上がってはいないことを示唆している。現在、ドルは115円80銭、ユーロは163円92銭近辺で取引されている。(DKM/HM)
-0-




----------------------------------------------------------------
■株高でもキャリー取引は盛り上がりを欠く
21:36(ダウ・ジョーンズ)株式相場が上昇すると、リスク志向を背景とした円キャリー取引が盛り上がりをみせるものだが、今週に入ってからはドルもユーロも円に対してレンジ相場にとどまっている。「正直なところ、過去24時間で世界の株式相場が上昇したにもかかわらず、ドルが116円を超えていないのは意外だ」とINGの為替戦略調査ヘッド、クリストファー・ターナー氏は言う。「次のドル相場の調整からの負担を日本と中国が負うべきだとする欧州からの圧力が、ドル相場を脆い状態にとどめ、ドルは113円60銭~113円80銭を割り込む軟調な展開になるはずだ」と指摘した。ドルは現在、115円88銭近辺で推移している。(DKM/HM)
-0-




----------------------------------------------------------------
■LDNサマリー=ドル買い戻しの動きが優勢
 ロンドンタイムはドル買いが優勢の展開。昨日から続くユーロ高・ドル安への牽制発言に加え、ユーロドルでは「スイス系、英系銀行からも1.4170ドル近辺からまとまった売りが入った」(外銀筋)ことから、売りが優勢に。一時1.4150ドルを割り込み、1.4139ドルまで本日安値を更新した。
 ドル円はじりじりと115.87円まで本日高値を更新。しかし「東京時間からこの水準では輸出勢の売りが控えている」(同)とあって、116円台を試す動きとはならず115.70円台まで小緩んだ。
 ユーロ円はユーロドルの下落に連れてやや上値の重い動きに。163.80円近辺まで下押しして、本日安値を窺う場面も見られたが、同水準に控える中銀ネームの買い支えられて、同水準では下げ渋りとなっている。
 ドル買い戻しが優勢となっているものの、市場は「ドル売り地合いに変化はなく、雇用統計前にドル売りポジションの調整が入っているだけ」(LDN外銀筋)という印象。ドル円でも「昨日高値の116.08円を上抜けてくる可能性は低い」(同)とあって、総じてNY時間でのドル買い戻しの勢いは限定的なものとなりそうだ。(了)



----------------------------------------------------------------
■米8月の未成約住宅販売、雇用統計並みの注目指標か
20:38(ダウ・ジョーンズ)本日の日本時間午後11時に発表される米8月の未成約住宅販売は、過去数カ月の数字が弱かったので、今週5日に発表される米9月の雇用統計と同じくらい高い関心を集めるだろう、とベアー・スターンズのエコノミストは言う。米国の雇用は、8月に4年ぶりの減少を記録した。一方、未成約住宅販売は、7月には前月比12.2%減少した。2001年以来の大幅な減少だった。9月の雇用は11万人程度の増加を市場は見込んでいるが、8月の未成約住宅販売は約2%さらに減少したと予想されている。ベアー・スターンズでは、予想通りの結果ならば極めて悪材料だが、市場は住宅部門の弱まりには慣れているので、反応は緩やかなはずだとみている。それでも、7月のように弱い数字が繰り返されると、ドル相場は確実に下落するだろうと指摘した。(GST/HM)
-0-





----------------------------------------------------------------
■米8月中古住宅販売保留・各社予想
各社予想・米8月中古住宅販売保留(前月比)


JPモルガン         ▲2.0%
第一生命経済研究所   ▲3.9%
ドイツ証券          ▲2.0%
BNPパリバ         ▲2.1%
HSBC            ▲2.0%


市場コンセンサス ▲2.1%
前回         ▲12.2%




----------------------------------------------------------------
■ユーロ、1.4150ドル割れに損失確定の売り観測
19:57(ダウ・ジョーンズ)ユーロが1.4154ドルまで下値を拡げている。英系銀行の為替トレーダーによると、1.4150ドル割れの水準には損失確定の売り注文が観測されているとのことだ。昨日のニューヨーク市場の終値が1.4230ドル近辺だったので、本日のニューヨーク市場の寄り付きでも現在の水準前後で推移するならば、テクニカルにも短期的な売りシグナルが出たところでもあり、ユーロを買い持ちにした神経質な投資家が、持ち高解消に踏み切るかもしれないと指摘した。ユーロは現在、1.4156ドル近辺で取引されている。(GST/HM)
-0-




----------------------------------------------------------------
■ユーロ、諸通貨に対して全面安の展開になるか
19:02(ダウ・ジョーンズ)ユーロは諸通貨に対して崩れやすくなっているように思われ、かなり全般的に下落するだろうとロイヤルバンク・オブ・スコットランドの為替アナリストはみている。英ポンドに対しては、0.6945ポンドの下値支持水準を割り込むと、0.6895ポンドを目指すと言う。上値抵抗水準は0.6980ポンドとみている。ノルウェークローネに対する下げと平行して、スウェーデンクローネに対しても下げを見込んでいる。円に対しては、163円65銭の下値支持水準を割り込み、159円05銭~161円35銭の最近の安値圏に向かうと予想している。現在、ユーロは0.6951ポンドおよび163円93銭近辺で推移している。(GST/HM)




----------------------------------------------------------------
■ユーロ円、163.70-80円に中銀ネームの買い観測
 ユーロ円は、小幅に反発するも164円前半では上値の重い展開。昨日のトリシェECB総裁のユーロ高牽制、本日のECB緊急ミーティングの噂とユーロの上値を追いづらい地合いとなっている。LDN外銀筋によれば「163.70-80円近辺にアマウントは大きくないものの、中銀ネームからの買いオーダーが見えている」という。そのため、「同水準を下抜ければユーロ売りが加速するのでは」(同)との思惑もあるようだ。
 18時47分現在、ユーロ円は163.90円、ユーロドルは1.4179ドルで推移。(了)




----------------------------------------------------------------
■ドル円は売り徐々に意識され上値重く
邦銀カスタマーディーラーC氏


 「ドル円は昨日の116円超えの動きが若干オーバーシュートとの感もあったようで、本日はクロス円も合わせて下攻めになったという状況か。その動きが一服し、目先的にショートカバーが進んでいる。ただ、115円後半からの本邦輸出の売りがまず上値を抑えるだろう。その水準の売りは11月末の出来上がり115円を意識した売りであるため、量はそこそこといった感じもあるが、116円にいっても12月に入ってからの分の手当てが出てきそうだ。ショートカバーの動きが一服し、上値の売りが見えてくれば、戻りも限界で売り優勢となりそうだ。」(了)




----------------------------------------------------------------
■クロス円戻り売りが良いのでは
邦銀系カスタマーディーラーB氏


 「基本的にはドル円は上値が重くて、他のドルストレートではドル買い戻しが続く、と見ている。従って、クロス円の戻りを叩くのが一番良いのではないかと思っている。」(了)




----------------------------------------------------------------
■ドル円は引き付けたうえで戻り売り
欧州系カスタマーディーラーA氏


 「大きなドル売りの流れが変わったわけではなく、現在の状況はこれまで買われ過ぎていたクロス円に、雇用統計を前にしたポジション調整が入っている段階。そのため、ある程度の水準でドル円の下落も止まるだろう。ここからは115円後半の水準まで引き付けた戻り売りが有効だと考えている。」(了)




----------------------------------------------------------------
■ドル、三角保ち合いから近く抜け出すか:ABNアムロ
17:18(ダウ・ジョーンズ)ドルは、ここ数週間続いている三角保ち合いを上放れしようとしている、とABNアムロの為替アナリストは言う。ドルは116円38銭を超えると、117円14銭を目指し、次の強い上値抵抗水準は117円20銭になるとみている。これまで築かれた上昇傾向が解消され始めるには、ドルが114円00銭を下回る必要があるが、114円00銭を割り込むと直近安値の111円62銭に向かうリスクがあると言う。ドルは現在、115円59銭近辺で推移している。(GST/HM)




----------------------------------------------------------------
■ユーロ調整反落、次の下値支持水準は1.4115ドルか
17:11(ダウ・ジョーンズ)ユーロが1.4185ドル近辺の下値支持水準を割り込んだ。この下げは調整的なものなので、次の下値支持水準にあたる1.4115ドルでは下げ止まるはずだとロイヤルバンク・オブ・スコットランドの為替アナリストはみている。基本的には1.4185ドルと1日の高値1.4285ドルの間でのもみ合いを予想しており、その後はユーロ導入以前の1992年につけた合成高値1.4585ドルに向けて上伸するとみている。取引戦略としては、1.4055ドルに損失確定の売りを置いたうえでユーロを成り行きで買い、1.4525ドルまでの上げを狙うことを推奨している。ユーロは現在、1.4186ドル近辺で取引されている。(GST/HM)
-0-




----------------------------------------------------------------
■市場オーダー状況=16:30時点(欧州向け)
ドル円
116.50円 売り輸出・ストップ買い米系短期(邦銀・欧米系)
116.20円 売り輸出しっかり(邦銀・欧米系)
116.00円 売り輸出しっかり(邦銀)  
115.80円 売り輸出(邦銀)
115.75円 16:30時点
115.20円 買い米系短期(欧米系)
115.00円 ストップ売り(欧州系)
114.80円 買い(邦銀・英系)


ユーロドル
1.4350ドル OPトリガー(欧州系)
1.4300ドル OPトリガー(欧州系)
1.4290-00ドル 売り・ストップ買い混在(欧米系)
1.4275ドル 売り(欧州系)
1.4220ドル 買い(欧州系)
1.4180ドル 16:30時点
1.4160ドル 買い(欧州系)
(了)
関連記事

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おすすめのFX業者
最近の記事
カテゴリー
おすすめのトレード本
読み物としておもしろいからおすすめするのであって、トレードの役に立つとか、勝てるようになるとか、そういう本じゃありません。(そんな本があったらぜひ教えてください。)
MT4(MetaTrader4)お薦めのインジケーター
チャートの見方
人気記事ランキング
最新の株価



プロフィール

apple-logo-3d1.jpg
地方公務員です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。