スポンサーサイト

-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

[ロイター]来週の外為市場、米指標にらみドルは神経質な展開に

03 30, 2007

 [東京 30日 ロイター] 来週の外為市場では、6日発表の3月米雇用統計などの米経済指標をにらみ、ドルは神経質な展開となりそうだ。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受けて米国の利下げ観測は後退しているが、市場では米景気の先行き不透明感を手掛かりに、ドルが売り材料に反応しやすくなっているとの声が出ている。

 円相場は新年度入りに伴う需給や株価動向に左右される可能性もあるという。

 予想レンジはドル/円が116.00─119.00円、ユーロ/ドルが1.3200―1.3400ドル。



 <米雇用統計やISMなどに注目、下振れなら売り強まる>

 米景気の不透明感が一段と強まってきたことで、市場では3月米雇用統計を始めとする米指標に対する関心が強まっている。今週は日本の年度末、海外の四半期末で実需の売買が膨らんだが「ドルの上値は着実に重くなっている。売り材料に反応しやすくなっている」(邦銀)といい、指標下振れによるドル売り圧力の強まりを想定する声が出ている。

 市場筋によると現在のところ、雇用統計の事前予想は、非農業部門雇用者増加数は景気拡大の目安とされる15万人を下回る12万5000人程度に集まっている。そのほか、2日の3月米ISM製造業景気指数や4日の米住宅ローン・借換え申請指数、3月全米雇用報告、3月米ISM非製造業景気指数、2月米製造業新規受注などに関心が集まっている。




 <円は新年度需給と株価動向がカギ、短観は参考指標の位置づけ>

 新年度入り第一週目とあって、来週は国内機関投資家の動向にも注目だという。海外投資に伴って円売りを強めてくれば、円は対ドル、クロス円ともに売り圧力がかかりやすくなる。「日銀利上げが当面はないのだから、来年度も日本勢は円を売り込んでくるだろうと予想した海外ファンドがすでに円を売り仕掛けている」(外銀)との指摘も出ている。一方で、懸念は大きく後退したとはいえ、株価が大きく下げると世界同時株安が円キャリートレードの巻き戻しを誘発するとの見方から、円買いが強まる展開となる可能性もある。

 日銀利上げがすぐに実施される可能性は低いと読む参加者が多いため、日本の経済指標に対する関心は高まっていない。2日には3月日銀短観が発表されるが、大きく事前予想からかい離しない限り、売買の手掛かりにはなりづらいという。ロイターがまとめた事前予想は、大企業製造業の業況判断DIがプラス24と12月のプラス25から小幅悪化の見通。非製造業DIはプラス23。

関連記事

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめのFX業者
最近の記事
カテゴリー
おすすめのトレード本
読み物としておもしろいからおすすめするのであって、トレードの役に立つとか、勝てるようになるとか、そういう本じゃありません。(そんな本があったらぜひ教えてください。)
MT4(MetaTrader4)お薦めのインジケーター
チャートの見方
人気記事ランキング
最新の株価



プロフィール

apple-logo-3d1.jpg
地方公務員です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。