スポンサーサイト

-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

ドル円 100円越え失敗

05 09, 2009

昨晩のドル円ですが、雇用統計発表後の流れが継続。米株は続伸する一方で、クロス円に対してドルが売られ、終値は98.40付近となっています。チャンスがあるとすれば今週だと思っていましたが、100円越えは失敗に終わっています。

後講釈ですが、昨晩の流れを大雑把に言うと「米雇用改善→景気底打ち期待→リスク警戒感後退→ドル売り・他通貨買い」という流れ。このところ、好調な米指標や株価とは裏腹にドルが売られる展開が頻発してましたので、まだしばらくはその流れが続きそうです。

これも結果論ですが、昨日のドル円ショートは正解でした。来週の展開に期待してホールドしたいと思います。

最後に、今後の為替相場を考える上で参考になりそうな記事をみつけたので、そのまま引用します。


Klugクルーク 為替ニュースより

ドル軟調 いずれ、世界協調介入の予兆も???
2009/05/09 (土) 08:44

ストレステスト、米雇用統計と一連のイベントを終え、市場には安堵感を出てきているようだ。いずれもポジティブな内容とは言えないまでも、市場は悲観論を強めることは無かった。

ストレステストの結果は一部大手行に資本増強の必要性を迫る内容で、バンカメなどは約340億ドルという巨額な資本増強が必要との判定が下っている。市場は思ったほどネガティブな内容ではないとの見解だったが、増資は必要ないとの見方もあったことえお思えば、やはり当初の想定よりは厳しい内容だったのではないかと思われる。金融株は上昇して反応したが、これで対処すべき点が明確になり、不透明感が後退したことで、投資家も売り込めなくなったというのが実情であろう。何よりも不透明感が高まることが、最も効果的な売り材料となるからだ。

これら一連の動きに、当局を始め、市場では年内景気底打ちというシナリオを描き始めている。もしシナリオ通りとなった場合、次の為替市場のテーマは何になるのだろうか。可能性を列挙すれば、景気本格回復、財政赤字、過剰流動性によるインフレといったところが揚げられよう。

景気回復についてはV字を見込む向きは、まだ少ない。底打ちしたとしても、緩やかな低成長が続くという見方が大勢だ。現状から考えれば、致し方が無いところではある。

今回の景気後退は日本のバブル崩壊と同じ過程を辿っているとの指摘も聞かれるが、指摘どおりであれば、V字回復は無く、低成長、低金利が継続するということになる。一方で、景気刺激策によって膨れ上がった巨額の財政赤字と、異例とも言える金融緩和で、過剰流動性からの将来のインフレに対する懸念も出始めており、実際、債券市場では長期金利がジリジリと上昇し始めている。

インフレ期待が高まれば、通常は中央銀行が利上げでもって対処するが、V字回復は無く、低成長が続くと仮定すれば、積極的な利上げも難しい。インフレは物価上昇を指すが、同時に通貨の価値下落でもあり、為替市場のシナリオは一気にドル売りが強まるということになろう。きょうのNY市場もそうだったが、このところ強い米株や米指標の動きにドル売りの反応が強まるという教科書的ではない動きが続いている。もしかすると予兆が出始めているのかもしれない。

・・更に調子に乗って「邪推」を続ければ、・・
昨今、米国債の形で、ドルの外貨準備を大量に持つ中国などから、ドルの基軸通貨としての信頼性を疑問視する動きが強まっており、もし上記のようなシナリオに陥るとすれば、IMFのSDR(特別引出権)がドルに取って代わるという事態が現実味を帯び始める可能性も出てくる。覇権国である米国としては、政策上この事態だけは絶対に避けたいだろう。また、ドル安の対抗馬として、ユーロや豪ドルが上昇することが想定され、これもまた、当事国にとって大問題となる。

そうなれば、米国お墨付きの世界協調介入という可能性も湧き上がる。机上の空論ではあるが。(了)

関連記事

web拍手

FXのブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめのFX業者
最近の記事
カテゴリー
おすすめのトレード本
読み物としておもしろいからおすすめするのであって、トレードの役に立つとか、勝てるようになるとか、そういう本じゃありません。(そんな本があったらぜひ教えてください。)
MT4(MetaTrader4)お薦めのインジケーター
チャートの見方
人気記事ランキング
最新の株価



プロフィール

apple-logo-3d1.jpg
地方公務員です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。